ニューバージョン”神性を認め合う行”☆

c0074000_2253243.gif

明日は祈りの会です。
"神性を認め合う行" をそろそろニューバージョンにしようと思いまして、
改めて読んでみました。
昨日の日記に書いている、数年前の神事と同じ内容に、ちょっとびっくり☆

実践できるように、“行”という形にしてもらえて嬉しい☆☆☆


何が本質で何が消えてゆく姿の現象か・・・
本質に意識を向ければ、(自分の神性を承認すれば、)
それ以外は自然に消えてゆく姿になる、
消すのではない、本質をつかんだ瞬間、かってに消えてゆく姿になっていく。

身近な法友が、「我即神也」に意識を向けてくれることを願うばかりです。



人類即神也を見る

「人類一人一人、誰もがその人に現れている現象の姿を見るのではなく、その人の本心、人類即神也そのものを見ようと試みるだけで、世の中は変わるし、人類の意識も変わってくる。」(白光2006-12)

この真理を実践するために白光2004-8の文章の言葉をお互いに語り合うことにした。昨年から実践していることのニューバージュンである。集まる人の人数、時間によっては、二人ずつ向き合って数回行う。もしくは印はまとめて最後に組む。行じ方は自由で何の制約もない。


(一人の人を輪の中心にして)
中心の人:0000(フルネーム)です。

全員:(心の中で、『我即神也の我が人類即神也の0000様に語りかけます』)     

全員:『0000様は本来神である。神そのものである。無限なる愛、光、叡智、能力、生命に充たされているのである。本来完璧なように作られているのである。完璧そのものである。一つの欠けたるものなく、一つの余分なものなく、全く完璧に大調和された神そのものである。』


中心の人:神0000は人類に光を送ります。

全員:0000様即神也  大成就

中心の人:ハイ(印の合図)

全員:呼吸法による人類即神也の印



先ずは、これを読んでくれた人に宣言します。
『あなた様は本来神である。神そのものである。無限なる愛、光、叡智、能力、生命に充たされているのである。本来完璧なように作られているのである。完璧そのものである。一つの欠けたるものなく、一つの余分なものなく、全く完璧に大調和された神そのものである。』
mixiピタゴラスさん


c0074000_22562396.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-05-08 22:57 | ピタゴラスさん啓示録から