祈りの会にて

昨日は、お祈りの会でした。 月曜の夜、みんな仕事を片付けては7時30分に集まります。
翌日の仕事に備えなければならないので、祈りの時間は1時間。
このため、月2回、プログラム内容を 
「行の日」、「簡略印による世界平和の祈りの日」 の二つに分けて行っています。
昨日は、
急きょ、プログラムを変更し、
大震災のための祈りの会 となりました。
ピースレターで紹介された内容を1時間に短縮したものです。

自分で準備したとはいっても、今までとは違う内容のプログラムのため、
進行に気を取られ、なかなか祈りに集中できなかったのですが、、、、、、、

c0074000_2138848.jpg

2011年の神事 (言霊によって宇宙に刻印)を行い、
その後、
「大震災で被災された皆様即神也」と唱え、呼吸法の印  これを7回繰り返しました。

この時に、
ふっと我に返ることが出来ました。

被災された皆様は神でした。 人間は本来、神の分御霊。
運命の被害者ではなく、被災された方々も皆即神也


このことに気づいて、やっと意識を我即神也に向けることが出来ました。

災害が発生してから TVの報道を見ているうちに、
衝撃的な映像に気持ちが否定的な方に引きずられ、自分が普通に生活しているのが申し訳ないような、自分ならどこまで耐えられるんだろうとか。。。。。(余計なことを・・・(ーー;)。。。
c0074000_21482498.gif


祈っても印を組んでも どこか、「大成就!」という意識になりきれない状態でした。
けれど、 
被災された皆様は即神也 、 みな本来神の子、神の分御霊。
それに気がついた時、 やっと祈りや印に集中できるようになりました。 ほっ。。。

「絶対大丈夫」 「必ず良くなる」 「すべては大成就!」 
なぜそう言えるのか、 
人類は本来 我即神也 だから。

まだ 何が本質で何が消えてゆく現象であるか に目覚めておられない方々のために、祈り印を組み光を送り、人類の神性に働きかけながら、「成就」を創造する。

『私』は光から来た者。光を形に顕わし、光へ帰る者。カルマが創った場であろうと、『私』は何でも創造できる。自由に創造できる。『私』は世の光。人の心の神性を照らす光である。
 光が形となると愛、真理、叡智、健康、幸せ、喜び、若さ、豊かさ、、、となる。『私』は言霊を使って、自在に光を形に顕わしてゆく。『私』は神だから自由自在。神の光には限りがなく、遮るものがない。


人類すべてが真理に目覚めるその時に至るまで、
人類一人一人に代わって「人類即神也」の印を組み続けるのである  
人類即神也 日本人皆即神也

c0074000_21444012.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-03-15 21:57 | 真理について思ったこと