何が本質で何が消えてゆく姿の世界か。。。

c0074000_17115964.jpg

先週、ある出来事で、思いっきり凹んでしまいました。 落ち込みMAX状態!(T T)

人格を全否定されたような気持ちなって、さらには、先の事まで考えると暗い気持ちになってきて、
ひとり部屋にいたら、うっかり泣きそうになったりして・・・(^_^;) おいおい。。。

当日は、じっとしてると思い出してしまうので、楽しいことを探してはそれに熱中して、
余計な事を考えないように過ごしました。
翌日、 少しだけ元気になったので、 MAX落ち込みの自分と向き合うことにしました。
向き合うといっても・・ いうなれば、劇団ひとり・・・ じゃなくて、
劇団ふたり って感じなのですが・・・(笑)

落ち込んでる自分は、業想念の肉体人間側にぴったりくっ付いた「私」。
それに対して、我即神也 側の『私』が話しかけます。

落ち込んだ「私」をなぐさめ、安心させ、本当の自分は 我即神也であり、
今回の事は消えてゆく姿の世界でのこと、本当の世界ではない、プロセスの舞台(世界)のドラマでおこった出来事。
完成した自分、完成した世界は、常に神界ある。
完成している自分は 絶対に傷つかない、痛まない 完璧な『私』である・・・

とかなんとか、
そんなことを自分に言っておりました。
その後は意識は浮上して、今は復活しています♪ ・・・・・っといっても、、、
多少、古傷にみたいにまだ痛みますが・・・( ̄▽ ̄;) でも、
私には真理があります 絶対乗り越える・・ぞ!☆
c0074000_17141161.jpg


どうやって断ち切るのか
究極の真理
我即神也を思い出すのだ
だが、どうやって思い出すのか
それは深い呼吸法と印を組むことによって可能となる
(3月号 インフィニットワーズから)


ここでも何度も書いている 「消えてゆく姿」ですが、
頭で分かったつもりでも、実際に強力な(自分にとっての弱点のような部分の)「消えてゆく姿」に遭遇すると
あっと間に 落ち込みMAXへ転げ落ちてしまう。。。。 
消えてゆく姿から、ちゃんと我即神也の方向へ復帰しなければ・・・です。

我即神也・光の方向へ意識が向けば、

『私』は光から来た者。光を形に顕し、光へ帰る者。カルマが創った場であろうと、
『私』は何でも創造できる。自由に創造できる。『私』は世の光。人の心の神性を照らす光である。
光が形となると愛、真理、叡智、健康、幸せ、喜び、若さ、豊かさ、、、となる。『私』は言霊を使って、自在に光を形に顕してゆく。『私』は神だから自由自在。神の光には限りがなく、
遮るものがない。

ここまできて、やっと 「すべては大成就」 と言える自分になります。 ほっ。。。(^_^;)

c0074000_17155333.gif


日常生活の苦しみ、悩み、葛藤・・・きっとこれは
即表面的解決、瞬間的解決、対処解決のみに心の焦点を当てている
からだと思う。
生きることの意味 生きることの真実を理解  すること。これを忘れないようにしたいです。

人類に何が本質で何が消えてゆく姿の現象であるかがはっきりと認識された時、世界は平和になるのである。(3月号法話から)

本質をつかむためには、やっぱり“消えてゆく姿で我即神也” が大事なんだな・・・と今回の出来事で思いました。

色即是空で、空即是色 なんだよなぁ・・・やっぱり。。。 

c0074000_17163981.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2011-02-27 17:17 | 真理について思ったこと