自分を空しくする こと

「自分が無いということが一番のんきだ」

と、五井先生は仰ってました。
c0074000_22162938.gif


自分をなくす、自分を空しくする、 
自分がなければ目に入る現象に捉われなくて、らくちんで、
いいだろうな~と思ってた時、自我と真我のことを思い出しました。

以前は、自分をなくすってことをあまり深く考えて事もなかったので
意味も分からないままでしたが・・・

自分をなくす、空しくするということは、 
つまり消えてゆく姿にする ということで
それは
自分が消えてなくなってしまう・・・ということじゃなくて、
それまでの(過去の)自分を消えてゆく姿と認めた瞬間、現れるのが 真我 つまり我即神也。
ということ。

あー、そういうことだったのか~。。。 なるほど。今やっと納得したよー!(^_^;) 気づくの遅いけど

そういえば、五井先生は 「天命を信じて人事をつくせ」 と言われました。
天命を信じると、天を信じることとは 自分が神と繋がっているということ、
つまりは
自分の神性を信じることに(我即神也)。
c0074000_2220943.gif


こんな風に五井先生の教えの言葉を思い出してみると、どれも我即神也につながっていて
なるほどなぁ・・・と思う。
カルマの自分は消えてゆく姿として断ち切り、とにかく自分の神性を信じる、神性を認める、本来我即神也と意識する。それが全託なんだ。きっと。

我即神也、人類即神也 
真理!
c0074000_22221187.jpg

mixi拾い写真☆↑
[PR]

by mppoe-light | 2010-12-12 22:25 | 真理について思ったこと