自分を褒め、讃えること☆

c0074000_21182861.jpg

自分を赦し自分を愛することを学んだのだから・・・

自分を褒める、讃える

私の中にすべてがある、だからすべては私次第。
すべては「私」から始まっていく。
おめでとう「私」! 
それが素晴らしい♪

*********************************************************************
『神語を語るのは神 』

チャクラの開いたことは素晴らしい。
我々はそのチャクラの開いた状態をこれから体験して行く。
「自分が語る言葉は神の言葉」。

これから我々の語る言葉は神が語る。我即神也の私が語る。神の私が語る。
愛深い私、すべてを赦せる私、光り輝く私が語る。

その私が語った言葉こそが未来を創造する。
これは、やっている内にわかる。

先ず、自分を褒めよう。
自分を褒めれば、褒めたようになる。
そして、人を褒めるよう。
人も褒めれば、褒めたようになる。

「私は神の言葉を語る」と思えば、神の語る言葉が無意識に出てくる。
そこには愛の言葉しかない。光の言葉しかない。相手を励ます言葉しかない。
相手の存在を褒め称える言葉しかない。
調和の言葉、喜びの言葉、健康の言葉しかない。

神が語る言葉は、相手を幸せにする言葉ばかり。
だから、自分が幸せになる。
相手も幸せになる。

今日から、私が語る言葉は我即神也が語る言葉。
そして、相手は人類即神也。
相手の神性を見て語りかけよう。
自分の周囲が平和にキラキラ輝き始める。
心が平和で満たされる。

自分は光そのもの。神そのものの存在。
神として、自分が語った言葉は、すべてチャクラを通して現実に現われる。
キラキラキラキラと、自分の人生に現われてくる。
そうやって、世界平和を築きあげて行こう。
(2010/02/07法話より編集、ほとんど西園寺会長の言葉通りです。白光誌2010-6)

c0074000_21252529.jpg

『自分自身を褒め称えよう、
褒め称えた通りの自分になるからだ 』

『この三種の神宝(消えてゆく姿で世界平和の祈り、我即神也・人類即神也の宣言文と印、宇宙神マンダラ)はいずれも自らを神のように讃美し、崇敬できるようになるための、究極の実践方法である』(注1)と言われるように、大生命賛歌は究極の目的である。
神の言葉、『生命の言葉は叡智そのものであり、自らの存在そのものを賛美するのである』(注2)。

『我即神也、我即生命也、我即真理也、我即愛也、我即光也、、、』と言う神語の宣言は、神の自己宣言である。生命の(自己)宣言である。五井先生は『祈りとは生命の宣言』と言われたのは、このことである。
神の自己宣言は誰がしようと、神の創造活動である。空即是色の行為である。神語を宣言する人を見ても、神とは異なる肉体人間が語っているように見えるだろう。しかし、そこで語っているのは神なのである。
「我即神也、我即生命也、、、、」と宣言した瞬間、そこにいるのは神なのである。神が自己宣言することによって、現実世界を創造しているのである。神の自己宣言は自己讃美である。自己愛である。神は自分を尊敬し、称えるのである。
『「我即神也」の真髄は、まさにみずからの尊厳性を敬い、自らの生命を大切に扱い、自らを愛し、慈しみ、赦し、感謝しつづけてゆくところにある。お互いの神性を称え合い、喜び合い、生かし合ってこそ、真の平和で幸せな世界が創造されてゆくのである』(注3)。

自己讃美の神語  
  生命は偉大なる力だ。生命は完璧だ。
  生命は大調和だ。生命は永遠だ
  生命こそ人間そのものだ。神そのものである。
  生命即真理そのものである。
  真理は自分そのものだ。尊くも勿体なくも、わが生命は真理そのも  のだ。
  わが生命は光り輝く神そのものだ。
  わが生命こそ神そのものであり、わが生命こそ真理そのものであ   る。
  私はわが生命を褒めたたえる。わが生命を絶賛する。
  かくも美しく、気高く、神秘に溢れているわが生命を。
  ゆえに、私が立つところはどこであれ、すべて神聖なる場なのだ。
  尊き場となるのだ。
  自分の中の神に気づいた者から救われてゆく。
  自らの心を完全に自由ならしめてゆく。
  いかなることも完璧に見事に整えられてゆく。それは当然だ。
  究極の真髄に自らが至ったからだ。無限なる幸せを手にしたからで  ある。(注4)
注1  2005-6  注2  2003-3注3  2004-2  注4  1999-11 
c0074000_2128132.gif

『永遠のテーマ から』

今、私の内にはいつまでも若く、いつまでも美しい神の体がある。
私の細胞はすべて、健康で美しい。
私の細胞はすべて、完全である。
私はすべての細胞に深く感謝します。
すべての細胞さん、有難うございます。

私の心は宇宙神の光そのままである。
私の心は愛に満ち、慈しみに溢れている。
神の愛と慈しみは、すべての細胞に沁みこんで行く。
細胞は神の光に包まれる。
細胞の生命力は神の力そのものである。
神の力はすべてである。万能である。完全である。
私の細胞も体もこの神の力に生かされている。
細胞も体も喜びに満たされる。
細胞も体も光に満たされる。

私が細胞を通し、体を通し顕わすのは神性そのものである。神性のみである。
私は細胞を通し、体を通し印によって、神の光を人類に放射する。
私は完璧な体を通し、この世に完全平和を成就する。
私の体はいつまでも若く、いつまでも美しい神の体である。
成就。

*******************************************************************
ピタゴラスさん

神の自己宣言は誰がしようと、神の創造活動である。空即是色の行為である。

神が自己宣言することによって、現実世界を創造しているのである。神の自己宣言は自己讃美である。自己愛である。神は自分を尊敬し、称えるのである。

なんだか泣けてくる言葉だなぁ・・・
広大な宇宙のイメージが広がります。 宇宙は祝福と賛美で満ち溢れているんだ と思うと、
泣けてきます。。。。 

 「私」は、
意識を通して本心とつながり、 形のない神さまを形にしていく表現者・・・、と言うことで、
もっとド根性で、意識を高め上げねば・・・
リハビリは休まず続けることが大事、
古い自分、過去の自分に負けてはなりません。。。流されはいけません。。。。

めげず、凹まず、たとえカメの歩みでも、一歩は一歩。
c0074000_21284179.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-07-30 21:32 | ピタゴラスさん啓示録から