「愛すること」

27日の日記に 「自分は神なのだから、愛することができるんだから」と書きましたら、
 五井先生の 「愛すること」 が読みたくなりました。
そこで 「愛すること」についての勉強をすることになりました☆
c0074000_16324998.gif


神の子の自分を愛する

ですから私どもが人間と申しますときには、本来性の神の分生命としての人間を第一に思うのです。
そして、次に現われては消えてゆく姿である、因縁因果の波動である肉体人間を思うのであります。

そういう本質的な自分を愛することは、そのまま他を愛する行為となり、他を愛する時に、その行為がそのまま自分を愛することになるのでありまして、真実に自分を愛することのできぬ人に、なんで他を愛することができるでしょうか。


自分を愛するということは、自己の生命が神より分かれたものであることを認識して、素直に正しく生かしきることにあります。 生命が素直に生きている状態というのは、精神に把われがなく、肉体が欲望に縛られることがなく、自由自在に生きていられる状態です。

真実自分を愛する人は、真理を生活に行じている人なのですから、自ずと本源において一つであるべき他の
生命をも愛し得る人なのです。

形を超え、方法を超えた愛の行為は世界平和の祈りなのです。
世界人類が平和でありますように、これは広い大きな愛の行為です。
私たちは常にこの祈りを根底にして愛の行為をしつづけているのです。


五井先生 「愛すること」 から
*******************************************************************

どのような自分でも、相手でも、 本来の神の分生命としての人間
(我即神也・人類即神也)と観る事のできる真の眼力を持ち続けたいものです。

そのためには、しっかり真理を生活に行じる人にならないと・・・。ううぅ。。。
c0074000_16304432.gif

自分を赦し、人を赦し、自分を愛し人を愛し、(我即神也・人類即神也)
愛と真と赦しの言行をなし続けてゆくとともに、(光明思想&神語・・・)
守護霊、守護神への感謝の心を常に想い、
世界平和の祈りを祈り続けてゆけば (& 印、呼吸法 など)
個人も人類も真の救いを体得できるものである。
c0074000_16261842.gif


あー、やっぱりここに戻るんだ、
”人間と真実の生き方” に。

c0074000_16342073.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-06-29 16:34 | 真理について思ったこと