姓名での宣言☆


朝の神事が始まったとき、少し気になる部分がありました。

「・・・・に、本名○○○即神也を顕現す」です。

名前は過去世の因縁を現しているのだから、本名の私は消えてゆく姿の自分、神から離れていた頃の私を現している、
これからは過去の自分(本名の自分)とは違う新しい「私」を顕現していくんだ・・・
と、思ってました。
ですから神事の宣言に 「○○○即神也を顕現す」を見た時は、少し戸惑ってしまいました。 

「消えてゆく姿を現している自分の名前で宣言したくないなぁ・・・」と思いました。
“我即神也” なら受け入れたのですが、 “自分の名○○即神也” は
宣言をするのに抵抗がありました。

とは言っても、、、

「これからは肉体の私(姓名の私)を通して 我即神也を顕現していかなかればならないのだし、神事なのだから ま、いいかぁ・・・」と、
それ以上はこだわらず、考えず、朝の神事を続けていました。
(あっさり考えるのを止めるところが私の私らしいところ・・・か(笑)

それから1年以上も経って・・・

朝の神事を行なう前に、ピタゴラスさんがmixiで紹介しておられる、神性を認める宣言を声を出して読んでいるのですが、(他にも車の運転をしてるときや、一人で居るときに、
もごもご・・・ぶつぶつ・・・喋っている 我即神也 我即真理也 我即愛也。)
その時に、
“我即神也” なら素直に言えるのに、“自分の名○○即神也” では、
今でも抵抗感があることに気づきました。

「なんでだろ・・・か」(;一_一)
その後、お祈りしながら
「やっぱりまだ自分自身を完全に赦していないから、愛してないからなのかな・・・」と気づいて・・・・
で、
まあ、やっとここまできて、
“自分の名前○○即神也”について きちんと考えてみようと思いました。 
(朝の神事が始まってから一年以上も経って、やっと。。。)(~_~;)
c0074000_21561916.jpg


五井先生の「神と人間」 の問答編から

姓名学は、出産児の名前をつける時ぐらいにしておいたほうがよいのであろう。
名前など変えなくとも、自己が、自己の長所、短所をよく識って、その長所を伸ばすことに真剣になることによって、運命は変わっていくのである。
まして、真の信仰に入った人などは、そうした姓名学の範疇から超越してしまうのである。
汝の運命を、汝のうちにある神に一任すべし、と私はいいたい。
自己に荷せられた運命なら、いさぎよく受けようと、いう勇気こそ、その人の運命を切り展く、最大の力なのである。人間よ勇気を持て、である。


そうだった・・・!

もっと早く読んでいれば良かった・・・。(^ ^;) 

“真の信仰に入った人などは、そうした姓名学の範疇から超越してしまうのである。”
うっかりしてました。

因果説を超越した果因説に取り組んでいながら、まだ過去を掴んでしまっているようです。
 自分を赦し愛しきっていないのだなぁ・・・ う~。

粘り強く続けねば・・・。

<私は神だから愛深い。神だから慈しみをもっている。
神だからすべてを赦すことが出来る。
神だからすべて自分の欲することを創造してゆくことが出来る。
そして神だから神聖で、純粋で、欲がなく、崇高であり、神だから高貴で光り輝き、偉大である>

我即神也 我即愛也、我即真理也 我即光也

c0074000_2157549.jpg

[PR]

by mppoe-light | 2010-04-30 21:59 | 真理について思ったこと