現実世界を再創造♪

久しぶりに・・・これ☆

 イエス・キリストが示したのは、人類一人一人の『我』についての真理であった。真理はこれに尽きる。あらゆる苦悩の原因はその真理を知らない無知だけである。無知は『我』についての誤解である。人類はそれを習慣にしてしまったのである。
この習慣から抜け出すために万全の方法・環境がそろった。祈り・印・呼吸法・果因説・四次元・チャクラ・神語等である。
 少しでも豊かになる。少しでも能力を開発する。少しでも体にいい物を食べる。体にいいことをする。少しでも健康になる。このような努力は因果律の世界の努力である。
なすべきは果因説の努力である。真の努力は『正しい認識』の努力と『神語を語る』努力である。『正しい認識』とは自分の神性を認めることである。自分の神性は、『自分が認めさえすれば、無限に溢れ出て、無限に実現してゆく。認めなければ何も顕われない』(注1)。

神語を語るとは自分の神性を称え、宣言すること。認めた神性を言葉にしてゆくこと。それは過去と決別すること。それはチャクラを作動させること。それは現実世界を再創造すること。

少しでも、少しでもと因果律で求めるものは、最後まで得られない。「我即愛也、我即叡智也、我即健康也、我即歓喜也、我即幸福也」と果因説の神語を宣言してゆく者は、それを顕わす。『祈るなら、既にそうなっていると信じなさい。その通りになる』(注2)と言うのは、果因説による神語の祈りのことだったのである。

「我即健康也」の宣言にすべての細胞は喜んで従おうとするのである。重要なのは食べ物、飲み物ではない。言葉なのである。『外から入って来るものは、人を創らない。人の中から出てくるものが、人を創るのである』(注3)とは、因果律の物質的努力ではなく、果因説の神語の効用を含んだ話であった。

注1  白光誌1997-2 P.17    注2  マルコ伝11-24
注3  マルコ伝7-7参照

<ピーさん>


c0074000_1127483.jpg
で、ここで、21日にも書いた昌美先生のお話をもう一度・・・


努力とは、能力を得るためにするものではありません。
過去の自分の習慣を超えるためにするのです。
なぜなら能力はみな、溢れるほどあるのです。お金も健康もあるのです。

どこで過去の自分に訣別するのか。
皆様には叡智、光、真理があるのです。本当に素晴らしい光があるのです。
素晴らしい力を持っているのです。それを信じた瞬間、過去の自分に訣別できるのです。
<4月号 昌美先生のお話>


過去の習慣を超えるためにする努力は

真の努力は『正しい認識』の努力と『神語を語る』努力である。
『正しい認識』とは自分の神性を認めることである。

どうやって過去の自分と訣別するか、
 
神語を語るとは自分の神性を称え、宣言すること。認めた神性を言葉にしてゆくこと。それは過去と決別すること。それはチャクラを作動させること。それは現実世界を再創造すること。

「我即健康也」の宣言にすべての細胞は喜んで従おうとするのである。重要なのは食べ物、飲み物ではない。言葉なのである。


あれこれ考え込む前に、

この習慣から抜け出すために万全の方法・環境がそろった。祈り・印・呼吸法・果因説・四次元・チャクラ・神語等である。
なるほど、納得☆ ラジャー!

重要なのは言葉。 自分を、世界を創造する言葉。
我即神也 我即真理也 我即愛也 我即光也c0074000_11283122.jpg
[PR]

by mppoe-light | 2010-04-23 11:30 | ピタゴラスさん啓示録から