なんとなく、バシャール☆

ぷらぷらと、検索して遊んでいましたら、久しぶりに”バシャール”にたどり着きました。
随分前に、この日記でも書いた、須藤元気さんとバシャールの対談です。
バシャールも懐かしいけど、紹介サイトの ”精神世界の鉄人” さんも懐かしい☆
精神世界のサイトを訪問するのも久しぶりでした。
バシャール、精神世界の鉄人サイト は有名ですし、もう3年前の対談本ですから、読んでおられる方も多いと思いますが・・・・、
面白かったので貼り付けてみました♪
たまに、こういったお話も面白い☆

c0074000_22445694.gif
対談ページはこちら
http://www.tomaatlas.com/lib175.htm

須藤:パラレル・リアリティへの究極の二極化が2025年から2033年に生じるとの話ですが、実際の分離プロセスは、僕らの五感ではどのように知覚され、体験されていくのでしょうか。3次元現実の住人である僕らの日常的な感覚では想像が難しいのですが、何か具体的な例で説明してもらえませんか。

バシャール:変化がどのように知覚されるかは、それぞれの人の波動によって違います。
たとえば、政治の世界で突然非常にポジティブな法案ばかりが通るようになったり、否定的でネガティブな法案が通らなくなったなと気づくかもしれません。
または、自分が出会う人はとてもポジティブな人ばかりだな、いったいネガティブな人たちはどこへ行ってしまったんだろう、と感じることがあるかもしれません。
あるいは、ある日テレビのニュース番組を見ていると、ポジティブなニュースばかりが流れている。まったくネガティブなニュースがないなと気づくかもしれません。
また、もうひとつの兆候としては、多くの子供たちがさまざまな問題の解決策を生み出していって、そしてそれがとても優れたもので、大人たちが子供たちの声に耳を傾けているということが見られるかもしれません。
そして、ポジティブなメリットだけがあり、デメリットのない新しいテクノロジーが現れてくるでしょう。
世界中でUFOが見られる件数も増えていきます。
このように、パラレルなリアリティにシフトしつつあることが、さまざまな出来事によってわかってきます。
それで質問の答えになっていますか。

須藤:マクロな視点でのリアリティの分離は何となく想像できましたが、もっとミクロな世界、たとえば身近な人間関係などでは、ポジティブなリアリティとネガティブなリアリティへの分離はどのように知覚されるのでしょう。

バシャール:しばらくの間はネガティブな人がいるでしょうが、その後で、ネガティブな人は周囲に見当たらなくなってきます。
また、もうひとつの兆候として、ある周波数に近づくと、人々のサイキック能力もテレパシー的な能力も高まって、この人はポジティブな人なのかネガティブな人なのかということがわかるようになるので、より簡単にネガティブな人を避けることになるのです。



***********************************************

c0074000_22494247.gif

「寒いから~」 といって、四角い部屋を丸く掃除するのはやめましょう・・・
[PR]

by mppoe-light | 2010-02-17 22:52 | 真理について思ったこと