真の眼力

ここは、何度も読んで心に留めておきたい部分。忘れないように。
c0074000_1353556.gif

 真の眼力

『あなた自身のこころがそのまま相手に映っていることに気づかなければならない。
相手は常に自分の鏡であることを忘れてはならない。
自分の想いが相手の鏡に反射して自分に返ってきていることを忘れてはならないのである。
我々は常に相手の中に、神を表現しつつある完全なる本質を見てゆくべきであって、不完全なる相を表現している一面には決して眼を向けてはならないのである。
ここに真の眼力が発揮されてゆくのである。
あなたが神を表現していれば、必ず相手の中にも神を見出すことが出来るのである。』
(注1)


真の眼力とは洞察力であり、神性を観る力、心の眼、愛の想像力、神の眼である。
眼力は自己意識の現われである。自己意識のレベルに応じて、眼力は異なってくる。視る主体と、眼力、認識する映像(相手の姿)は一組のものである。それらは一つの世界を構成する。
いかなる様相と言えども、人の姿を見て、心に残るもの・批判するもの・理不尽と感じるものはすべて自分の自己像の反映である。「消えてゆく姿」とは、視る主体・眼力・認識する映像と言う一組のものの消えて行く姿である。
相手を赦そうが、事象を赦そうが、究極は自己意識の赦しである。赦さずに糾弾することは自分を糾弾することである。だから、責めること自体が、人にとっては不幸と感じるのである。
人類の赦しの中で、自分も赦される。自分の赦しの中で、自分は神の自分を観ることができる。つまり、自分を愛することができる。自分を愛する者は、神を顕わす人となる。


『不完全な自分はさておき』、不完全な人類はさておき、自分に人類に神性を観る。その人は神を顕現する人となる。
「こんなことは、未熟な自分には無理」と思っても、「我即神也、人類即神也」の印を組めば、自他の神性を凝視したのも同然。神の眼力を得たのと同じ効果が発揮される。ここに五井先生、守護の神霊の救いが成就する。


完全な眼力の回復は三次元世界の事ではない。次元上昇のことである。自己意識軸上の上昇である。
眼力の回復により、同じものが全く違ったものに見えてくる。完全な眼力はすべてを神の光の中で見ることである。そのことが神性を顕現させるのである(ピグマリオン効果)。各人の眼力の回復が世界人類の平和を成就する。
完全な眼力は慈悲深い。赦して、現象の世界を見ないから。愛して、神性のみを観るから。そのあたたかい視線が神性の顕現を促すから。
2008/09/20
注1 白光誌1993・5

*************************************************************
ピタゴラスさん啓示録

いかなる様相と言えども、人の姿を見て、心に残るもの・批判す
るもの・理不尽と感じるものはすべて自分の自己像の反映である。


これは、スピリチュアル本によく書かれてる内容です。
多くの人は、こういった説明に はっと気づいて意識改革をスタートさせるのだと思います。

「消えてゆく姿」とは、視る主体・眼力・認識する映像と言う一組
のものの消えて行く姿である。相手を赦そうが、事象を赦そうが、究極は自己意識の赦しである。


根本は自分を赦しているか否か。
自分を癒すセミナー (インナーチャイルド等々・・) あります。
私も “消えてゆく姿”が理解できなかった時、 インナーチャイルドを癒す実践を
何度かやっていました。
でも、本当に自分を癒し、赦すためには もっと強力が光が必要だと思います。なぜなら、
しっかりした先生のもとで、大勢の仲間とともに受講していけば、徐々に癒すことも可能なのだろうけど、個人が日々の生活の中で自分を赦し、癒すというのは難しい。

それだけ人間の中の罪悪感、恐怖は重いんだと思う。 ズシッ!
それを超えるためには、無限なるパワーを持つ光が必要、それにはやっぱり意識の次元上昇、つまり自分の中に神を見出すことだと思います。

『不完全な自分はさておき』、不完全な人類はさておき、自分に
人類に神性を観る。その人は神を顕現する人となる。

自分の中に神性を観る  そんなこと今の自分には出来ない、
自分が神だなんて思えない・・・と思うなら、

「こんなことは、未熟な自分には無理」と思っても、「我即神也、人類即神也」
の印を組めば、自他の神性を凝視したのも同然。神の眼力を得たの
と同じ効果が発揮される。ここに五井先生、守護の神霊の救いが成
就する。


完全な眼力の回復は三次元世界の事ではない。次元上昇のことで
ある。自己意識軸上の上昇である。眼力の回復により、同じものが
全く違ったものに見えてくる。完全な眼力はすべてを神の光の中で
見ることである。


自分の意識をレーダーだとすると、今そのレーダーは何を捉えているだろうか。
相手の 未熟さ、愚かさばかりを捉え、それに対して無意識に批判的な感情を起こしているのなら、自己意識が下降しているということ。
周囲の状況を否定的に捉え、不安な気持ちを常に抱えるのなら、自己意識は低いままということ。

こういったことから抜け出すために、しっかり自己意識を上昇させなければならない・・・
意識が上昇することで、自分を赦せるようになり同時に真の眼力が戻ってきます。
真の眼力は神の眼、神の眼を持つことが神性を顕現させることに繋がります。
ここでも果因説の威力はすごい☆

祈り、印は、五井先生、守護の神霊の救い。
無限なる感謝です。
c0074000_13512036.gif

[PR]

by mppoe-light | 2010-02-07 13:55 | ピタゴラスさん啓示録から