「私が私でよかった♪  私はここにいる!」

それはいつも同時にやって来ます。

それは、自分が「神である」時、「人類も神である」 ということ。

私は本来 「神である」 を受け入れると
目に入る否定的な部分や、それまでの否定的な想念は 即
消えてゆく姿になります。
すると同時に、周囲のすべての人が神であることが判ります。

日々の生活の中で、意識は上がったり下がったりの繰り返し。
だから、自分の想いの中に 何か否定的な感情、判断が浮かんだ時は
意識が落っこちている・・・ ってこと。
我即神也 から遠く離れてしまっている状態ってこと。 (T T)気が付いたら遥か彼方に・・・・。

業想念の心は、おしゃべりです。おまけに
そのおしゃべりの内容はいつも否定的なことばかり(笑) 
業想念の否定的なおしゃべりに引きずられないようにしないとねー。
手強いから。

私達は神の子、生命は永遠。

だから、業想念の自分を本物の自分と思って、 そこから我即神也を顕現しようと思うのは
やめよぅ。   自分を分析、判断して 神を目指して再構築するのは やめよぅ。

業想念の自分を捉まえて そこから神を目指すのは、否定から出発して神を目指すことに。
業想念の自分は消えてゆく姿なのだから、その消えてゆく姿の自分をなんとかしようとするのは無意味。
 まず我即神也を受け入れ 全肯定から出発して神を目指すべき。

内なる神を顕すために
自己否定からスタートしますか? それとも肯定からスタートしますか?


私は私(神)である。私が私(神)でよかった!私はここにいる!
それが素晴らしいこと!

7月、果因説による大成就の共磁場を創る行事が大成就しました。
おめでとうございます!そして ありがとうございます!

人類即神也!
c0074000_22111825.gif

c0074000_22122526.gif
[PR]

by mppoe-light | 2009-09-02 22:21 | 真理について思ったこと