「あるがままに・・・」を読んで その後☆

それで宗教団体に入っておられる方に「いずれ宗教は無くなるのですよ」と
言っているのですが、皆さん「そうですね」と言いながらもおやめにならないのです。
その方達は、わかっているのだけれど一人になるのが恐いのです

うーん、するどいかも~!

幸子さんのこの言葉を読んで、 
あらためて自分の心を問いただしてみることが出来ました。

祈りや印、呼吸法。 
これらは会員以外の方でも行なえます。当然です。白光の目的は個人、人類とも
真理に導き神性を顕現させることだから。

私は、将来 多くの人々が真理に目覚める時代になったら
白光も役目を終え、解散するのだと思っています。

数年前、 
富士で五井先生の写真が取り外されることに
なりましたが、、その時私は嬉しかったです。
肉体の五井先生ではなく、
五井先生の教えて下さった真理が重要なはず、なのだから。

そもそも
私達は神の存在を信じることや、もっと進んで、
本来は自分が”我即神也”であるということが、なかなか信じきれないから、
だからまず
五井先生を信じる。そして守護の神霊を信じる。
五井先生がそう仰るのだから間違いない、絶対そうなのだ!、
と、思うことで意識は五井先生を通して
常に神さまの方へ向いていることになります。
まだ未熟ながらも、五井先生を一所懸命に
想う事で神様と一体になってることになります。

私は、五井先生や守護の神霊は、真理を体得するための
導師、道標・・・だと思っています。
高い高い道標、高い高い目的地の五井先生。
今まで私も五井先生も皆さまを甘やかせていた部分があった。
それで「願望成就」などという中途半端な教えも入れてしまった。
本道は神そのものの完全円満な姿を現わすことのみ。

昌美先生の今月の富士でのお話の一部です。


我即神也、
 自分の運命は自分で創る、自分には欠けたるものはない!

これからはもっと進んで自立することが大切なのだと思います。

もう 幸子さんが言われる「一人になるのか恐いから」? というような段階ではありませんでした。
本道は、我即神也 人類即神也。神そのものの完全円満な姿を現わすことのみ。

気持ちを引き締めねば~。

世界人類が平和でありますように
[PR]

by mppoe-light | 2009-03-23 22:36 | 真理について思ったこと