「あるがままに生きる」から ④

波動をあげる3つの条件
3)深い部分の自分(神我、真我、本当の自分)が望んでいることを
やる

本当にやりたいことをしている人は、生き生きとして輝いていますね。
《深い部分の自分》が本当に望んでいることを見つけますと、波動はどんどん
あがってしまいます。

このお話で幸子さんは、 <ひらめきを即行動に移す> ということを
ご自分の体験談を話しながら説明されていました。
この部分はそれほどピンと来ない話だったのでカット☆☆

深い部分の自分(内なる神)の望むことは・・・、
私たち地球上の人類すべては 自分の中の神を発見し、それを顕現することが
(内なる神の)大いなる目的、使命だと思っています。 内なる神 を宝物だとすれば
人生は大いなる宝探しの旅とも受け取れます。
(私はそういう表現が好きです♪(^_^)♪

人生の中で辛い問題に遭遇したとき、自分は不幸でかわいそうな人間だ・・・と、
人生の被害者となって生きるのか、それとも
大いなる宝(神)を探求するため様々な試練を乗り越える
大冒険者として生きるのか・・・。
自分の想い方、選び方次第で人生は大きく分かれます。

真理を探求する冒険者になれば、人生での様々な困難に遭遇しても
その体験はすべて自分の財産になります、さらに
毎日、意識的に生きれば いろいろな発見、気づきがあります。 
なぜなら
この世界すべては 神の表現だから。
そして
神の表現を感じ取り、さらに新しい創造をすることで神の表現を進化させるのは
私たち神の子。
我即神也 成就 人類即神也
[PR]

by mppoe-light | 2009-03-11 19:38 | 真理について思ったこと