「あるがままに生きる」から ②

幸子さんの本「あるがままに生きる」を読み直しました。
”波動を上げる3つの条件” からお話は発展し、
直感の時代・宇宙との調和度・自立の時がやってきた・無限の可能性を求めて ・・・・と
分かり易く楽しい内容でした☆
その中から、今の自分の気持ちに合った部分を少し書いてみようと思います。 

波動をあげる3つの条件
1)あらゆるこだわりを取り除く
一つは、<あらゆるこだわりを取り除く>ことですね。
お金に対する執着、物に対する執着など、あらゆる こだわり を
どんどん取り除いていくのです。 欲は全部捨てる必要はないと思います。
(略)
肉体がある以上、現実に生活して生きていかなければいけないのですから、
生きていく上の最低の欲はあっていいと思います。
ですから欲は捨てる必要はなくて、コントロール出来るようにすればいいわけです。
<必要なだけあればいい>という生き方に、全員がなればいいのです。

必要なだけ・・・・簡単そうですが、必要なだけあればいい・・・・と言って、
現在あるものまで、そう簡単には手放せない私ですが(笑)
もし、私の中の欲が私の進化を遅らせるのなら、
守護の神霊の方々が、手放さなくてはならない状況を用意されるのかも。
その時は、泣く泣く・・・いえ無限なる感謝で手放すようにせねば~。(^_^;)
でも、なるべくそうならないで欲しい~。(笑)
無限なる供給!無限なる成功!

波動があがって、より深い部分からの情報が入るようになりますと、
ひらめき がどんどん多くなります。
《おおもと》から情報に従って表現すると、今までの地球上の常識では
考えられないことが表現できるのです。
これからは肉体を持ったまま、《神》を表現する時代に入ってきています。
《神》は波動エネルギーですから、《おおもと》の波動エネルギーを、肉体を
持った自分が地球上で表現する(形に表す)わけですね。
私は絵で《神を顕現》しています。
ですからどうってことないですし、特別になるわけでもないのです。
細かい波動を、地球上で、普通に、ご自分のお仕事やご趣味などで、
ただただ表現する・形に表わす  これが、《神を顕現》するということなのです。


自分の中に 神 があることを受け入れないと
《おおもと》(本体・本心)からの無限のエネルギーを肉体を通して表現することは出来ません。
つまり自分自身を信じること。
我即神也を信じることが大切なのだ と思いました。

我即神也 成就 人類即神也
[PR]

by mppoe-light | 2009-03-05 19:33 | 真理について思ったこと