余談なんですが・・・

幸子さんの本について書く前に・・・
ちょっと余談です☆

最近、mixiのコミュニティ で、モーツァルト、チャイコフスキーなど
コミュに入会しました。で、
どんな情報や やり取りがあるのかなー と遊びに出掛けてみましたところ、
モーツァルトのコミュの中で、
「ベートーベンとモーツァルト」 というテーマが取り上げてあり
みんなの意見が載ってました。

読んでいて思わず パソコンの前で吹き出して
笑いだしてしまいました。
↓同感だったので。。。

ベートーベンは中華料理 モーツアルトは精進料理 
ベートベンはしつこい モーツアルトは心地よい
ベートーヴェンは固焼きせんべい。 モーツァルトはパイ

ベートーベンファンの方には すみません。
人それぞれですから~、 
他に、
 「ベートーベンは奥深く、モーツァルトは薄い」 といった意見もあるのも、
承知した上でのことです。 私も若い頃は、ベートーベンの方が好きでした。
それが、30歳過ぎたころから、モーツァルト好きになってたんです。 
歳のせいなのか、どうなのか・・・???
[PR]

by mppoe-light | 2009-02-28 22:46 | どってことない話☆