本心との対話☆最終日記☆

「本体の中に入る、神様の御心と一つになることが統一ですよ」
「なんだかんだは後にして、ただ祈りましょう」

五井先生の言葉です。

今まで長い間、消えてゆく姿を消すことが難しく、試行錯誤を繰り返していました。
ある時は上手くいったり、またある時は失敗したり。

我即神也を受け入れ始め、
最近は、深く頭で考えないようにしています。・・ と言っても、いつも
ぼさーっとしてるのではないけど(笑)

心は、おしゃべり者です。余計な考えや判断を積み重ねては、
私の気持ちを揺さぶります。 
ネガティブな判断をしては、「それが絶対に正しいのだ!」
と言わんばかりに私に迫ってきます。 
だから・・・

今まで、あれこれ思考していたのを・・・
やめようと思います。

心を、頑固な頭からハート(胸)へ移します。そして
ハート(胸)から 世界平和の祈りが流れるようにイメージして祈ります。

「なんだかんだは後にして、ただ祈りましょう」

消えてゆく姿をやってるな・・・と気づいたら、それ以上何も考えず、
なにがなんでもド根性で思考を止めて 祈りや我即神也!と
言いながら、本体にへばりつく・・・です!(笑)

迷った頭で考えても、迷った答えしか出ないのだから、
まず諦めて、根性出して本心にしがみつく。 
後は守護の神霊におまかせして。

本心を信じ、あとは神様にまかせる。
五井先生の言われた
消えてゆく姿のやり方が少しずつ分かってきた気がします。

”本心に感謝し、さらに祈りを通して 
あなたの本心と語り合う時間を大切してください”

今年の指針の後半の言葉です。
この頃やっと、お祈りしながら 本心との距離が縮まってきたようです。

本心を受け入れる=自分を受け入れる→人を受け入れる
本心を信じる=自分を信じる→人を信じる
本心を愛す(合いす)=自分を愛す→人を愛す

本心を汚さないように、そして本心の光が私を通して流せるよう、
言葉、想念、行為に我即神也を顕現す 成就!

「人間は体験する神である」
白光誌に掲載された昌美先生の指針です。 好きな指針です。

「傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、おまえの心に言ってやるがよい。夢を追求しているときは、
心は決して傷つかない。それは、追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、
永遠との出会いだからだ。」

アルケミスト から

指針の後半の言葉について思ったことを書き始めて、こんなに長くなってしまいました。
これで、本心との対話はおしまいです。
長い日記を読んで下さいまして有難うございました。 無限なる感謝☆ (^.^)v
[PR]

by mppoe-light | 2009-02-14 21:23 | 真理について思ったこと