本心との対話☆☆・・・・Ⅶ

松尾みどりさんのお話は、毎回面白く、わかり易いものでした。
(現在も、みどりさんは全国各地を精力的に講演活動をなさって
います。)

私には、私個人の先入観、固定観念(いわば、信念or想いのクセ)があります。
それがフィルターのようなものとなり、そのフィルターを通して物事を見て、
思考し判断を下しています。
人それぞれフィルターが違うので、同じ人、同じ現象を観ても
人により受け取り方が違います。
それが、
「人は自分の心のように ものを見ます」 
「人は自分の心のように景色を見ます」
ということ。

自分の都合のいいように物事を見ては、判断しているのです。

自分の中の先入観、固定観念を覗くと、
自分独自の捉われ、恐れ、思い込み・・・・などネガティブなものがあります。
それがフィルターとなり、出来事を順次ネガティブに取り込むので、
その結果、転生しながら潜在意識にネガティブ業想念が積み重なる・・・
と私は考えました。

それまでは、”消えてゆく姿”の消す とは、自分の外側の出来事&それに
反応してしまった感情を消すことだけと思っていたのですが、 
それだけではなく、
そもそもすべての現象は、自分の心を映し出したものであって、
原因はすべて自分の内側によるものだ・・・と知ったとき、まず消すのは、
自分の中の、間違った先入観、固定観念であると思いました。

私の中で消すべき対象が明確になりました。

さらに、
みどりさんのお話で、自分の中のネガティブな感情をイメージで消す方法があり、
 それを世界平和の祈りと同時に行なうことにより、
実際に「消える、消えたんだ!」という実感が湧き始めました。

そのイメージで消す方法とは、

自分の中のネガティブな想い、捉われを黒雲だとすると、
それを7色のシャボン玉に包んで、青空に飛ばす、
青空の上空でシャボン玉は輝いて消えていく・・・というものです。

これは私にとって、やり易く効果的でした。今でも
時々やってます。(^_^)

私は、理屈っぽいタイプ、頑固な人間だったようです。
ですから、このような(ややこしい?)段階を踏まないと
五井先生の消えてゆく姿の意味が納得できなかったようです。

(・・って、「消えてゆく姿の教え」は、もっと深かったのですが(笑)

ともあれ、ここでやっと消えてゆく姿の
スタートラインに立つことが出来ました。

************************
まだ つづく・・・。

長い・・・今回で7回目だ・・・・。自分の本心について書くために
こんなに長くなってる。。。。 ※△□×%&#~~~!!
[PR]

by mppoe-light | 2009-02-06 21:10 | 真理について思ったこと