本心との対話☆☆☆☆Ⅳ

世界平和の祈りをスタートして、まず最初の変化は
自分の心が 本心と業想念とに分かれるんだ・・と気がつくことでした。
簡単に説明しますと、
ものすごい怒りでカンカンになった状態のときに、
自分の中には、もう一人の冷静な自分が居て、
「今私は怒っている、この怒りをなんとかしたい、鎮めたい」 と気づくことです。

自分を客観的に観て、怒りに気づいたほうが本心の自分、怒りに巻き込まれているのが業想念の消えてゆく姿の自分。
ここで一気に観の転換をして、 本心の方の自分に意識を転換して祈ってしまえば
怒りの感情から抜け出せるのだけど・・・、これがなかなかどーして、
業想念のパワーに負けてしまうんです。(^_^;)とほほ~・・・
 怒りはおさまりません。
逆に 「この怒りを鎮めてなるものか!相手が絶対悪いんだから、私の方が正しいんだから!」・・・って感じです。(^_^;)

後から気を取り直して祈るのですが、祈ってるつもりでも実は業想念の場に居る
自分が祈るので 同じところをぐるぐる廻るだけ。ううう~ぅう・・・・

時折 調子よく祈って上手く怒りが収まっても、
思い出すとまた怒りがこみ上げる・・・相手が赦せない・・・・

ずっと未熟だったのです。
まだまだ本心へ向かう力が弱いので、業想念の中に居たまま
業想念と格闘してる状態です。 はぁ~。。。。。
これが けっこー本人にはつらいものなんです。。。(T T)

きちんと観の転換が出来ないまま、
消えてゆく姿に不信感まで持ったりしました・・・・

これじゃ、教義の内容も実行できっこない~
どーすりゃいいのぉお~!

この辺から、私は精神世界の本を読み始めたのでした・・・・。
[PR]

by mppoe-light | 2009-01-29 22:48 | 真理について思ったこと